横浜横須賀法律事務所へ離婚相談する前に!確認するデータ

横浜横須賀法律事務所の詳細データ

事務所名

横浜横須賀法律事務所

住所 〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2丁目10−13 302B 横浜東口ビル
電話番号 045-620-4195
代表弁護士 鈴木 真
URL http://yokoyoko-law.com/
特徴

中小企業に関わる全ての問題、法人・個人の破産・再生、相続・遺産分割なら、横浜駅東口徒歩3分 横浜横須賀法律事務所。

ストリートビュー&GoogleMaps

ストリートビュー
Googleマップ

実際に横浜横須賀法律事務所を利用した人の口コミ

1.氏名(仮名)

鈴木 れい

2.相談した弁護士事務所の名称

横浜横須賀法律事務所

3.相談した弁護士の氏名

鈴木 真弁護士

4.利用したサービス

無料電話相談

5.弁護士事務所を利用した時期

2017年7月

6.相談もしくは依頼した内容を教えてください

離婚調停を申し立てました。私は自分で調停をやるつもりで自分で調停を申し立てたのですが、相手方が弁護士(代理人)を立ててきました。
私もやはり弁護士さんにお願いするべきかどうか、弁護士さんに依頼せずに調停を進めるのは難しいのか聞きたくで、無料電話相談を利用しました。

7.担当弁護士さんの印象を教えてください

最初は事務の方が電話に出ました。無料電話相談を利用したいことを伝えると、そこまで待たされることもなく弁護士さんに電話を取り次いでくださいました。
弁護士さんは電話口では、特段明るいわけでもなく、でも暗くもなく。たぶん忙しいんだろうなと思いつつ電話したのですが、早口で話すわけでもなく、淡々と、波のない普通の印象でした。
相談内容も、こちらの話を遮ることなくきちんと聞いてくださっていると感じました。
一通りお話すると、ではまず・・といったように、私が相談した不安に思っていることに対して、一つずつ順序だてて分かりやすく説明してくれました。
感情が入るわけでもなく、ぜひ依頼をといった営業っぽいところもなく、理路整然と分かりやすく話してくれるので印象はよかったです。

8.望んでいた成果に対する結果はどうでしたか?教えてください

まず、調停とはという基本的なことから説明をしてくれて、調停がすすむにつれてどのようなことが想定されるのかなど。
調停員とはどのような人で、素人(私)の説明とプロ(相手方弁護士)の話をどちらがより信じやすいか。
プロが出してくる資料に対して素人である私がどの程度まで反論できるか、また調停員を説得できるのか。
それは個人個人によって違うので一概にはこちらも弁護士を立てたほうがいいとか、立てなくても大丈夫とは言えないですが、といったことを言われました。
ただ調停が進むにつれ、提出する書面が増えていくこと。
もし審判に移行した場合は、話し合いではなく資料の提出をし、それを裁判官が判断することになること等説明して下さって、慣れていないとなかなか大変な作業になること、プロ(弁護士)に対して私がどれだけできるのかどうかといって、とても説得力のある、納得できる説明をしてくださったので、迷いなく答えを出すことができました。
依頼することを前提で、無料相談の電話で面談での相談を予約しました。

 

この記事を書いた人

furuta

furuta

【30歳、女性、千葉在住】 イケメン好きがこうじて細身のイケメンと結婚するも、価値観の違いにより破局。 自分の趣味や好きな芸能人をことあるごとにけなし、「俺のがいいじゃんw」と口出ししてくるクソ夫から慰謝料をぶん取る気持ちで離婚にのぞむも撃沈。 自分があの時どうしていたら、慰謝料を勝ち取れていたのかが知りたくて本企画に参加。 結婚によるストレスのあまり、ワラ人形に釘を打とうか悩んでいる既婚者を救いたいです。

サブコンテンツ