【離婚ひとりでできるもん!】弁護士に相談しなくても離婚できる50の方法

夫が嫌い。

夫婦の関係ははたんしています。

夜の数時間だけなら一緒にいるのも我慢できた・・・。

しかし、新型コロナウイルスの影響もあり、夫が家で過ごす時間が増えてきました。

これもすぐおさまるだろう。それまでのガマン。

と思っていた矢先に、緊急事態宣言。

さきの見えない終息宣言。

新型コロナウィルス がおさまるまで、我慢できずに離婚を決意する人が多くなっています。

シン家族会議のサイトから問い合わせが増えているんです。

【あなたの味方】お問合せフォームはこちら

 

裁判で勝つため、調停を有利にすすめるには弁護士が必要…そう思ってはいませんか?

実はそんなことはありません!

離婚の手続きをするために必要な法律知識は、実はそんなにおおくありません。

じゃあ法律の専門家である弁護士はなにをしているんだろう…?

そんな疑問がでてきますよね。

弁護士は依頼人それぞれの状況にあうカードを、準備し、最適なタイミングで切ることで勝利します。

これは知識というよりは経験による”勝ちパターン”のようなものです。

そして、そのパターン数もそうおおくはありません。

つまり、自分の状況にあう”勝ちパターン”をしって離婚準備ができたら…?

弁護士に依頼する必要がなくなりますよね!

ここではなんと、実際に離婚を経験した人たちから聞いた、さまざまなケースにあう”勝ちパターン”を教えちゃいます。

自分にあった”勝ちパターン”をぜひ見つけてみてください。

これを読めば弁護士いらず?!離婚ひとりでできるもん!

離婚する方法はおおまかにわけて次の3つです。

  1. 夫婦で話しあって離婚をきめる「協議離婚」
  2. 夫か妻のどちらかが家庭裁判所に離婚調停を申し立てる「調停離婚」
  3. 調停がうまくいかなかった最後の手段「裁判離婚」

 

なんだか難しそうに思えますが、じつは「離婚」というと1.の協議離婚がほとんど。

もちろん、それなりにテクニックは必要ですから、うまく話をまとめる方法もご紹介します。

本人どうしで話しあいがまとまれば離婚できるという、もっともシンプルな方法です。

方法1.が難しく、話しあいがまとまらない場合にやっと、2.の調停離婚をすることになります。

いよいよ、複雑になってきましたね。

でも、重く考えなくてもだいじょうぶ。

申立書に記入し、書類をそろえるだけのことで、会社や役所の書類を書くのとそう変わりません。

話を聞く調停委員も、中立の立場で話を聞くだけ。夫婦の話しあいがまとまれば調停成立です。

方法1、2で離婚できない場合、3.の裁判離婚にいたるのですが、離婚がここまでこじれるのは本当に珍しいケース。

ですから、自分が有利になる離婚の勝ちパターン・テクニックをしること、用意周到に準備をしておくこと。

それさえできれば、ひとりでも離婚はできるということになります。

これが離婚の”勝ちパターン”!あなたの離婚を全力サポート

離婚をかんがえるシーンは、人によってさまざまです。

夫婦の数だけ、離婚理由、離婚パターンがあるといってもいいでしょう。

まずは自分の状況をふりかえってみましょう。

そしてどういうケースの離婚にあてはまるのか、しっかり見きわめることからはじめます。

すると、自分にピッタリの、離婚の”勝ちパターン”がみえてくるはず。

どうしたら自分に有利になるのか、

前向きに離婚活動をすすめられるのか、

上手に相手と別れるためのあなただけの法則があるのです。

おもいどおりに離婚をすすめ、いっこくも早く自由を勝ちとるための術をお教えします。

『性格が合わない』で離婚はできる?!

あれ?結婚前はあんなに好きだったのに、生理的にうけつけない。

もう顔もみたくないほど夫が嫌い!

…毎日、夫の存在じたいが嫌な人もいるかもしれません。

子供の教育方針やおたがいの実家との関係やお金のこと、ことばで表すのは難しい違和感。

夫との価値観がちがいすぎて、一緒に暮らしていけないと感じている人もいるでしょう。

性格が合わないという、他人からはささいに思える理由でも離婚はできるのでしょうか?

性格が合わないことを夫婦そろって認め、離婚に応じれば離婚することはできます。

でも、だいたいの場合、合わないと感じるのは妻側が多いのです…。

一緒にいてもこれいじょうは価値がないと考えているのだから、夫を説得する方向で策をねりましょう。

そのときは、相手を批判せず、冷静に。

相手のはなしも、とことん聞いてあげましょう。

将来、修復することはないとわかってもらうよう、根気よく事実だけをつたえる話術をみにつけ、円満に離婚できるようにもっていくのです。

夫のすべてが嫌いで離婚したい場合の方法!別居や親権取得、養育費などで絶対に後悔しないために準備することは?

『浮気』で有利に離婚をする方法!不倫が文化でたまるか!

「不倫は文化」といったあの俳優はしあわせそうだけれど、不倫をされている立場からすると、ゆるせない発言です。

でも、おちついてください。

怒りにまかせて離婚を切りだすと、あとあとあなたにとっては不利になることもあります。

ちょっとクールダウンして、相手がシッポをだすのを待ちましょう。

肉体関係があることがあきらかになったほうが、有利です。

浮気相手とホテルに行ったことがわかる写真、領収書などが証拠となります。

携帯電話やSNSでの通信もいいですが、確実に肉体関係があることがわからないものはあまり意味がありません。

はんたいに、できごころから浮気をしてしまった場合、実は離婚したくないこともあるでしょう。

浮気は1回の遊び?

それとも何回も浮気をしていて離婚されてもしかたがないですか?

浮気をした側からの離婚対策も書いてありますので、参考にしてみてくださいね。

ついに手に入れた浮気の証拠で圧倒的有利に離婚する!有効と思った証拠に意外な落とし穴?!気になる慰謝料の相場は?

やめられない浮気で離婚の危機!バレたときの対策は?離婚した場合の慰謝料や親権取得のためにするべき準備も

DVに怯える一生でいいんですか?あなたの幸せのために今すぐ取ってほしい行動

どんなに愛しあっていても、暴力で支配されている関係は健全なものではありません。

身体的な暴力はもちろん、暴言など、こころを傷つけるあいてと暮らしていても幸せにはなれません。

離婚をすることで、あなたの幸せをとりもどしましょう。DVをする人は外面がいいひとが多いのです。

他の人に被害をわかってもらうためには、たくさん証拠を集める必要があります。

また最近は女性からのDV被害に悩む男性も多いといいます。

男性はなかなか被害をいいだせませんが、ほんとうは傷ついているはず。

さらにわかりやすいDVだけでなく、モラハラ・パワハラといった相手をみくだす、陰湿ないじめに苦しむ人も増えています。

さまざまなDVから逃れるために離婚をすること、そのために具体的にとるべき手段を一緒にかんがえていきましょう。

DV夫と離婚で決別!暴力夫から自分を守るためにするべき準備ってなに?警察への相談のタイミングはいつ?

モラハラ夫と離婚するためにするべきこと!モラハラの証拠集めって?離婚を拒否する夫を納得させるための方法

【親権獲得】父親だって夢じゃない!子どもと一緒に暮らすためにすべきこと

離婚はしたいけれど、子どもとは離れたくない…

その思いは母親も父親も同じです。

そのため、親権をめぐって離婚がどろぬま化することも少なくありません。

しかしなにより優先されるべきは「子どもの幸せ」です。

そのため、特に幼い子供の場合は、母親が親権者となるケースが多くあります。

離婚にいたるほど夫婦の関係が悪くなった理由はあまり親権とは関係ないのですが、

「母親が育児をないがしろにしたうえ、不倫していた」

「子どもの目の前で、父親が母親に暴力をふるった」

などは子どもを不幸にしたと判断されてしまいます。

特に未来における子どもの成長、子どもを幸せにできるかどうかを、きちんと裁判所に理解してもらうことが大事です。

経済的な面はもちろん、どれだけ親として子どもに時間をかけられるかが重要視されます。場合によっては、父親でも親権をとることは可能です。

ダメ夫に親権はわたさない!親権取得を確実にするには?離婚後の生活に重要な財産分与や養育費の決め方!

育児放棄した妻と離婚したい!子供が受けた虐待は慰謝料請求できる?離婚と親権獲得を確実にするためにやるべきこと!

誰にも相談できないセックスレスで離婚をするには?

夫婦間のセックスの問題は、どんなに仲のいい友だちでも相談しづらいものです。

話題にするのがはずかしいけれど、実はセックスレスに悩み、離婚を考える人も少なくありません。

こんなに愛しているのに、どうして性交渉にはおうじてもらえないの?

もしかして、浮気しているのでは?

このまま仮面夫婦を続けていけないから離婚したいと考えても、そもそもセックスレスは、離婚理由として認められるのでしょうか。

またセックスは子づくりの意味でも大切なこと。

子どもがほしい人にとって、セックスレスは一大事です。

その一方、子づくりのための義務的なセックスにうんざりする人もいます。

法律では、夫婦の愛の証としてのセックスを思いのほか重要視していて、慰謝料を請求する理由として認めることはありえます。

それはどういったケースで認められるのでしょうか。

とても一言ではかたりつくせない夫婦の性生活を深ぼりし、法的にセックスレスを認めてもらうプロセスを明らかにしていきます。

セックスレスで離婚をするためにやるべきこととは?証拠は必要?離婚に同意してくれない場合や気になる慰謝料のことも

【壮絶バトル】絶対に慰謝料をがっつり取りたい妻 vs 絶対に慰謝料を払いたくない夫

離婚をしたい。けれどあっさり認めるのもしゃくだ、相手ばかりがいい思いをするのはなんだかわりにあわない、と考える方も多いのではないでしょうか。

夫にこんなに苦しめられ、たくさん辛いことがありました。

その精神的な苦しみへの謝罪、わかりやすい「ごめんなさい」の形が慰謝料です。

離婚によってダメージを受けるのなら、慰謝料を請求したい、それもできるだけ高額な!

一方、自分が離婚原因をつくった側である有責配偶者である場合、慰謝料はどうなるのでしょう。

慰謝料は払いたくない、むしろこっちがもらいたいくらい、本来、離婚は夫婦2人ともに責任があるはず!

離婚の慰謝料には2種類あることを知っていますか?

慰謝料の相場や計算方法にはじまり、なんとか慰謝料を多く請求したい、いや、払いたくないといった慰謝料のあれこれ。

夫婦の戦いを勝ちぬくテクニックを解説していきます。

自分に無関心で家に帰らない夫と離婚する!慰謝料増額のポイントは?財産分与や養育費もしっかり決めて利口に離婚!

離婚で財産を取られるのは嫌だ!高所得者は高い慰謝料を払わなきゃダメ?慰謝料や養育費を減額するためにするべきこと

熟年離婚の解決方法!第二の人生を輝かせるためにやるべきこと

長年つれそい、おたがいをよくわかっている夫婦。

老後もともに過ごすはずだった熟年夫婦が、離婚を考えることもめずらしくありません。

子どももすだちました。

義両親、両親も施設に入所したり、亡くなったりしてもう介護のことで悩むひつようもなくなりました。

残りの人生をこのまま、この人とずっと一緒にいていいんだろうか、ふと考える区切りの時間がやってきたのです。

とはいえ、日本は超高齢化社会。

いま50、60代ならあと数十年、生活していかなくてはなりません。

これからは働くことも難しくなり、また健康面も気になります。

さきだつものは、やっぱりお金。

財産分与やこれまで義両親を介護してきたことへのご褒美として、慰謝料ももらいたいですよね。

離婚後の女性を支えていくための年金分割の制度もありますが、それだけでは心もとないといわれています。

また年をとってからの離婚は必ずしもメリットばかりとはいえません。

夫婦2人ならば年金だけでもそれなりに暮らしていける場合もおおいです。

突然離婚をきりだされてどうしていいのか困っている人、離婚したいけれど迷いもあるという人にとっても、役に立つページです。

まさか自分が熟年離婚?回避したいあなたが取るべき行動と避けるべきこと!離婚に関するお金のことも教えます

熟年離婚で第二の人生を謳歌!資金面で困ることなく後悔のない離婚に向けて絶対にやるべきこと!

ごめんなさい、弁護士の依頼が必要なケースもやっぱりあります!

離婚はきほんてきには、夫婦2人の話しあいで成立するもの。

ですから、きちんと手順をふみ、冷静に判断できさえすれば、ひとりでもじゅうぶん対応可能です。

とはいえ、どうしてもひとりで立ちむかうのが難しいケースもあります。

例えばDVを理由に離婚を考えているばあい、離婚をすすめるうえで、さらなる被害にあうことも考えられます。

離婚をしって逆上した相手が、さらに暴力をふるうなど、ひどいDV被害のおそれがあるからです。

また、離婚を決めるまでのあいだに、精神的につかれ、パワーを使い果たしてしまっていることもあります。

これは無理のないことですが、これでは冷静に相手とたたかえません。

おかねがかかっても、プロである弁護士におねがいしたほうが、結局はあなたに有利な結果をもたらすことになるでしょう。

離婚したい!でも自分ひとりでできるか不安…そんな時に電話1本・メール1通で離婚に強い弁護士が簡単に見つかる方法

相手に弁護士がすでについてる場合

さらに、離婚相手がすでに弁護士をいらいしているケースも多々あります。

このとき、一人でプロ相手にたたかうのは無謀です。

弁護士はもちろん不当なことはしないけれど、どうすれば有利になるのかをよくしっているだけに、素人にとって思いもよらないカードを切ってきます。

こちらも専門家である弁護士にいらいしたほうが無難です。

両者間では話が進まない場合

愛しあって結婚した相手も、離婚することになれば赤の他人です。

また利害がからむと、かつて愛があったぶん、憎しみがより強くなるのもじじつです。

話が通じない相手には、最初から弁護士にいらいして合理的に話しあいをすすめてもらうことをおすすめします。

調停の段階でも「弁護士を頼むほど離婚したいと考えている」こと、訴訟もやむをえないと考えていることが調停委員に伝わります。

調停が難しいとみなされ、初回で調停が成立しないことも。

訴訟をして離婚したい場合は、かえって時短にもつながります。

ひとりで悩まないで!離婚ひとりでできずに不安だったら

どうでしたか。

ひとりで相手のたちむかえそうですか?

離婚は、自分や夫婦のプライベートなことを人前でさらけださなくてはなりません。

思っている以上にたくさんのエネルギーがいるんです。

ひとりで戦うことに不安を感じた場合や、サポートが必要だと感じたときには、離婚相談サポートをぜひ、訪ねてみてくださいね。

サブコンテンツ