【弁護士が答える】仕事人間の夫にウンザリ!有利に離婚を進めるためには?神奈川県在住で専業主婦41歳女性の場合

体験者プロフィール

性別 女性
地域 神奈川
年齢 41歳
職業 専業主婦
年収 0円
家族構成 夫、子(2人)
配偶者年齢 44歳
配偶者職業 会社経営者
世帯年収 1200~1299万円
婚姻期間 15年間
子供 2人(12歳、8歳)
監護実績 母:父=10:0

離婚することになった理由・原因

もう疲れちゃったんですよね。愛情なんてとっくにないし。

すぐにでも離婚して、たっぷり慰謝料や生活費をもらったら、それでいいかな、って思っています。

出会ったころはすっごく仲がよかったんです。心から愛しあっていたと思います。

夫は会社を経営していますけど、お金よりも人柄に惹かれて結婚をきめました。

ほんとうに幸せな時期でした。

なのに、子どもが生まれたころから、夫は家にいる時間がどんどん減っていきました。

帰る時間が遅くなって、帰ってこない日も増えていって…。

夫は、仕事が忙しいからと言ってましたけど、実際はどうかわかりません。

真実を知るのがこわくて、たしかめたことはありません。

いまはもう、夫はうちに生活費を入れているだけ。

1週間帰ってこないこともあるし、家にいても会話なんてまったくありません。

はじめのうちは「まえのように愛されたい」と思って、がんばってコミュニケーションを取っていたけれど、いまは全然。

ラインやメールも、事務的な内容ばかりです。

結婚はお金よりも愛が大事だと思っていたんですけど、もう夫とは、お金だけでつながっている感じです。

こんな生活には、もう疲れました。

わたしは、ふたりの子どもがいてくれたらそれでいい。

夫とは離婚をして、きっちりお金を払っていただきます。

離婚に関して不安に感じていること

慰謝料や生活費を最大限払ってもらいたいです。

もらえる金額を増やすためには、なにをすればよいでしょうか?

夫はきっと、浮気をしているんだと思います。

真実を知るのはこわいですが、このさい事実をはっきりとさせて、その謝罪分をお金として支払ってほしいです。

浮気を突き止めるために、夫の周囲を調べた方が良いですか?

夫と結婚してから15年間、ずっと専業主婦をしてきました。

離婚したら、子どもたちのために働かないといけないと思っています。

ほとんど働いたことがないので、とても不安です…。

2人の子どもは私立の小学校に通っていて、大学までエスカレーターで通わせようと思っています。

学費や養育費は、もちろん夫に払ってもらうつもりです。

養育費は20歳まで支払ってもらえるんですよね?

大学に行くと残り2年、大学院までいけばもっと長い期間子どもを育てなければいけないので、子どもが学生のうちは養育費を払い続けてもらいたいです。

そういう約束事はどうやって交わせばいいのでしょうか?

弁護士さんに来てもらえばいいのでしょうか?

いますぐ最強弁護士へ相談したい方は離婚相談サポートへ

最強の弁護士軍団の見解は・・・!!

樋口 智紀 弁護士

離婚できる可能性

  • 50%
離婚するための条件 離婚事由はない。離婚の申し出に対し相手方が応じるか否かの問題。
慰謝料 現時点では請求は難しい。
養育費 双方の年収を基準に算定表に従って算出。
親権の獲得 離婚となった場合親権は母となる可能性が高い。
財産分与 現在把握している財産を折半。
その他 なし
全体的なコメント 離婚すること、離婚時に相手方がこちらの求めた金額を支払うこと、を認めた場合は、問題ないが、相手方が拒否した場合は、慰謝料の支払は難しい。

慰謝料の支払を求める場合は証拠が必要になるため、探偵等を使い証拠を収集する必要がある。

養育費の支払終期は、基本的には子供が成人するまでである。両親が大学卒業しているというケースでは、養育費の終期も大学卒業までとすることが多い

西中 詩帆 弁護士

離婚できる可能性

  • 相手が不貞しているのであれば70%
    そうでないなら10%
離婚するための条件 不貞の証拠があるのであれば、相手が離婚を拒んだとしても、裁判での離婚が認められる可能性が高い。
慰謝料 不貞の証拠があるなら150万~200万円程度。
そうでないなら、本件の場合慰謝料請求が認められる事由なし。
したがって、不貞を理由に、相手から慰謝料を支払ってもらいたいのであれば、浮気を突き止め、その証拠を確保するために、夫の周囲を調べなければならない。
養育費 原則として算定表のとおり。 終期については、成人になるまでが原則なので、現行法なら20歳、改正後なら18歳。
その後についても養育費を払ってもらうためには、その旨相手に応じてもらう必要がある。
相手が払わなくなった場合に強制執行できるようにしたいのであれば、公正証書でかかる約束事の取り交わしをしたほうがよい。
親権の獲得 今までの監護実績や子供の年齢のことを考えると、こちらが親権獲得できる可能性が高い。
財産分与 原則として婚姻後に増え、かつ、現在も残っている財産を半分に分ける。
その他 特になし
全体的なコメント 相手が自営業者(会社経営者)ということになると、給与差押等の簡単な強制執行手続きを行うことが難しいです(不動産の差し押さえや口座差し押さえしかできない)。
可能であれば、多少減額されることになったとしても、一括で養育費を支払ってもらった方が安心かもしれません。

いますぐ最強弁護士へ相談したい方は離婚相談サポートへ

市川 知明 弁護士

離婚できる可能性

  • 15%
離婚するための条件 双方合意に至ったり、夫婦生活が婚姻関係を維持できない程度にまで破綻していると評価された場合には、離婚が認められる可能性がある。
慰謝料 婚姻期間が11年間に及ぶことや、こちら側に強い非があることを考えると、200万円程度は認められる可能性がある。
養育費 20万円程度認められる可能性がある。
親権の獲得 事情にもよるが、親権を獲得する見込みは高いと思われる。
財産分与 財産があれば分与の対象となる。預貯金の口座等については、事前にコピーするなどして証拠を収集したほうがいい可能性もある。
その他 探偵等を利用する方法で離婚の原因を把握できれば、話し合い等で有利になる可能性はあります。
もっとも、探偵費用は相当程度高額になることも見込まれますので、そのリスクとの兼ね合いと思われます。
また、養育費については、合意の方法によりますが、22歳まで支払うことで合意する場合もあります。合意の方法は、ご自身で協議離婚の合意書を作成されても良いですが、弁護士に依頼したり、公正証書として作成する方法もあります。
全体的なコメント 夫は会社経営者ということですが、実際に仕事ばかりで家の中を省みることができなかったのかもしれません。
夫婦生活は、双方の協力で成り立つものですから、本当は夫婦関係が冷え込む前に話し合いをしたほうが良かったでしょうし、相手方だけを責めても仕方ない側面もあるでしょう。
もっとも、このような形になった以上、離婚協議に進まれるほかないかもしれません。

早川 裕美 弁護士

離婚できる可能性

  • 30%
離婚するための条件 現時点では離婚事由がない。相手方の周囲を調査して不貞の証拠があれば離婚事由にはなる。
慰謝料 離婚事由がない以上は請求は難しい。
養育費 相談者が親権者となった場合、算定表上は16~18万円の枠内と考えられる。
親権の獲得 現在の監護状況からすれば獲得できる可能性が高い。
財産分与 夫婦共有財産があれば1/2ずつ。
その他 現時点で離婚事由がないのであれば、慰謝料や解決金を多額請求することは難しく、また相手が拒否すれば離婚自体も成立しない可能性がある。
全体的なコメント 養育費を20歳以降も負担する旨の合意は可能であるため、公正証書を作成し、強制執行が可能な状態にした方が安全。学費についても別途合意をしておくべき。

いますぐ最強弁護士へ相談したい方は離婚相談サポートへ

この記事を書いた人

furuta

furuta

【30歳、女性、千葉在住】 イケメン好きがこうじて細身のイケメンと結婚するも、価値観の違いにより破局。 自分の趣味や好きな芸能人をことあるごとにけなし、「俺のがいいじゃんw」と口出ししてくるクソ夫から慰謝料をぶん取る気持ちで離婚にのぞむも撃沈。 自分があの時どうしていたら、慰謝料を勝ち取れていたのかが知りたくて本企画に参加。 結婚によるストレスのあまり、ワラ人形に釘を打とうか悩んでいる既婚者を救いたいです。

サブコンテンツ